ドラムマニア ドラム 練習法 初心者

2007年05月14日

ドラムマニア野郎に負けない練習法4

やぁみんな

冷凍庫の中がパンだらけの四拍フレーズだよ。


今回でもう4つめの練習法だ。

そろそろドラムマニア野郎も相手にならないほど力がついてきたと思う。

だが慢心するのはまだ早い。

ドラムに終わりはない。
人生に終わりがあったとしてもだ。
(書いてるおれも意味わからん)


そんなことはどうでもいい。

さっそくいくぞ!
ハッ  やっぞ!


ドラムを叩く上で大事なこと。パート4982675098!

それは脱力

ドラムに腕力は必要ない。

腕力が必要ならシンディ・ブラックマンのような女ドラマーは生まれていないはずだ。(おれよりは筋肉あったりするかも)
(あの意味わからんフラムはなんだ?)


特に初心者などスティックを強くにぎりすぎて、演奏中に手が疲れたり、豆ができまくったりすることがあると思う。

強く叩きつければ「鳴る」というものでもない。

音量を出したいと思うなら、スティックのふり幅を大きくしてみよう。

次のスタジオに入る時まで覚えておくように。


ちなみにバンド練習がある時は、ドラマーだけ一時間先にスタジオ入って体を温めておくくらいするように。

家でドラムを叩けるやつもあんまりいないだろうし、なるべくドラムに触れる時間を長くしておけ。
(ついでに昨日紹介した映像の背面キックもこっそり一人で練習しておくように(万が一メンバーに見られてしまっても責任はとれんぞ))

触ってりゃうまくなる。

と思う。

大事なのは向上心だ。
向上心がないやつは唯のバカだ。

ドラムマニア
野郎とは質の違う向上心を持ち続けるようにしとけ。


つ  づ  く


↓クリックに合わせてポチッと叩け!

banner2.gif





posted by 四拍フレーズ at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラムマニア野郎には負けぬ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。