ドラムマニア ドラム 練習法 初心者

2007年09月27日

バスドラ

やぁみんな。

久しぶりの更新 遊びに仕事に忙しい四拍フレーズだよん。


ドラムの練習に関して質問頂いてたのに遅くなってゴメンよ。


こんだけ更新してないともうこのブログ誰も見てないかもとか思ってたりする今日この頃だよ。


質問されているテーマはバスドラム関係

キックの音が小さいとか2バスとかだよ。


■まずはキックの音
おれはキックの音がデカイっていわれてた方だから、あんまり困ったことはなかったんだけどね。

おれがドラム始めたころは、キックの仕方とか教えてもらったりしたこともなかったから、ヒールダウンでやってたよ。

かかとを付けたまま踏むやつね。

割とキックのコントロールはしやすいんだけども、ヒールアップに比べてパワーが出せないということと、いかんせんスネがつる。

当時空手なんかならってたりしてた俺でもスネがヒィヒィいってたよん。

だからキックは基本ヒールアップでやることにしたよ。

ひざを持ち上げて落としてペダル踏むやつね。

これだと単純にパワーがでる。スネ筋も痛まない。


でもコントロールの練習は必要だったかな。
ダブルの踏み方とかね。

スライドしてみたりとかいろいろ。

ペダルの前部でスライドしてみたり、真ん中でスライドしてみたり、後部でスライドしてみたり。

場所によって全然違うのよね。


ボリューム出したかったら、単純にキックの際に体で踏んでみてね。
ペダルに体重のっける感じ。

イスの高さとか変えてもキックのボリュームの出しやすさとか変わるのかも。

初心者のうちは、イスの高さもいろいろ変えたりしてみてね。
新たな発見があるかもしれん。

ほかにキックのボリューム対策を知っている方いたら、コメント欄で教えてあげてねー。

■2バスについて。

8ビートしながらの2バスがぶれるという質問。

2バスはおれも苦労したかなー。

いかんせん左足が右足についてこれなかったもんね。


足で16踏むときに意識してたのは、右足できっちり8を踏むことかなー。

マイクポートノイがそうしろっていってたから。
(三連の話だったかも)

右足がしっかり8を踏めてたらさ、左足が多少もたついたりしても、2バスな感じは伝わるわけじゃん。テンポ崩れるわけでもないし。

だから割と16でも右足の8に意識をおいておくといいのかもね。

右足の8と右手ハイハットの8は重なるようにね。

そうやってればなんとかなるよ。多分。


今日も他にやることあるから、大した事書けなかったけど、2バスの踏み方のコツなんかを知ってる読者いたら、是非コメント欄でいいので教えてあげてくださいね〜〜〜〜〜。


お腹が空いたので今日はここまで。

あでぃおす。

↓クリックに合わせてポチッと叩け!

banner2.gif








posted by 四拍フレーズ at 20:22| Comment(10) | TrackBack(0) | ドラムマニア野郎には負けぬ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

フレーズづくりについて

やぁみんな。

真田広之だよ。









今日のテーマはフレーズ作りについて。(「バンドマン」さんからの質問です)

「奴」さんからもコメント欄で説明してくれているのでみんな参考にして欲しい。


僕の意見も基本的に「奴」さんと同じかな。

言えることはただ一つ。


T・T・P



てぃー・てぃー・ぴー と発音して可。





もうわかったね。

答えは

徹底的にパクル!!!(Tettei Tekini Pakuru)

だよ!!!!!



パクルといったらなんか聞こえが悪いイメージがあるけど、

ドラムのフレーズなんてパクリの歴史なんだもん。


わしが尊敬するドラマーがすんごいカッコイイフレーズを叩いてて、
その尊敬するドラマーが尊敬するドラマーの曲を聴いてると、
まったく同じフレーズを叩いてたりするわけよ。


んでもって、さらに尊敬するドラマーが尊敬するドラマーがさらに尊敬するドラマーも同じフレーズを叩いてたりするわけよ。

この現実を見る限りドラムのフレーズは基本的にパクリの歴史だ(ドラムに限らず)。

(ちなみに桜澤泰徳→湊雅史→ジョン・ボーナムの流れ)


だからまずは自分の好きなドラマーなんかの曲をガンガンコピーするといいと思うよ。

そうしていくと自然に引き出しが増えていくから。

引き出しが増えていくと、考えなくても曲の流れにあったフレーズが叩けるようになるからね。

ホントだぜ!

よく初めて聴いた曲に合わせて車の中でドラム叩いてるふりしてたりするときにさ、

自分が勝手にやったオカズがその曲のオカズとまったく同じだったりするわけよ。

イヤまじで。



もちろん考えに考えてフレーズを作ったりすることもあるけどね。


まぁ基本的に他の楽器との調和さえとれていればいいんだけどね。


ひとりよがりのオカズ(オ○ニー)にならないように注意しとこーね。


あと自分がいつも聴かないジャンルの曲を聴くといいかもね。

そんなフレーズあんのか!!!

的な感動もけっこうあるよん。



今回はたいしたこと書けなかったけどここまでだよん。



次回の更新では僕もあんまり得意ではない2バスについてだよー


じゃ アスタ・ら・ビスタ

↓クリックに合わせてポチッと叩け!

banner2.gif





ラベル:ドラム フレーズ
posted by 四拍フレーズ at 17:56| Comment(6) | TrackBack(0) | ドラムマニア野郎には負けぬ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。